祭典の日程と見どころ

7月20日

迎え太鼓
  • 時間:午前6時~午前10時
  • 場所:各町内

各町内にて、神様をお迎えする迎え太鼓が始まります。
開始時刻は町内によって異なりますが、大体、6時前後からです。
なお、筑波区では熊谷駅北口と南口の2箇所で迎え太鼓を行います。

渡御祭
  • 時間:午前6時~午前10時
  • 場所:八坂神社本宮~市街地~行宮

八坂神社本宮では渡御発輿祭が執り行われ、出発した神輿は神様を乗せて各町を巡り、神輿は、お祭広場の行宮(あんぐう)に安置されます。 

初叩き合い
  • 時間:午後7字~午後8時
  • 場所:熊谷駅前

うちわ祭で最初に行われる叩き合いです。熊谷駅前に12台の山車・屋台が集結し、壮大な叩き合いとなります。

 

7月21日

巡行祭
  • 時間:午後1時~午後4時
  • 場所:国道17号(八木橋前~石原~銀座)

国道17号を通行止にし、仲町区に集合した山車と鎌倉区に集合した屋台は、国道17号に出て石原方面へ巡行し、石原区・本石区と合流し、12台の山車・屋台が年番町を先頭に建制順に行宮へ向けて巡行を開始します。
山車・屋台は町内毎に行宮で御払いを受け、銀座区へ向かって巡行を続けます。
銀座区に集合した山車・屋台は年番町組頭の拍子木によってお囃子の演奏を止め、大総代の挨拶後に解散し、各町内へと戻っていきます。
国道17号は13時の巡行祭開始から、21時まで歩行者天国のままです。
巡行祭終了後の国道17号には、山車・屋台が点在しています。

山車・屋台巡行
  • 時間:午後6時~午後9時
  • 場所:国道17号

山車・屋台は銀座方面と石原方面の2方向から、小さな叩き合いを繰り返しながら鎌倉町交差点(八木橋百貨店前)を目指します。鎌倉町交差点に集結した山車・屋台は扇形に整列し、叩き合いが始まります。叩き合いが終わると、山車・屋台は鎌倉町に進入し、星渓園前にて整列。再び叩き合いが始まります。非常に狭い空間に12台の山車・屋台を並べるので、危険を伴う場合がありますので、ご注意ください。
叩き合いが終わると、星川周辺の交差点で小さな叩き合いを繰り返しながら、山車・屋台は各町内へと戻っていきます。

 

7月22日

山車・屋台巡行
  • 時間:正午~午後5時前後
  • 場所:各町内

各町内にて、山車・屋台の巡行が始まります。山車・屋台は夕方まで町内を練り歩きます。
途中、隣接している町内と出会うと、叩き合いが行われます。なお、筑波区は、銀座区・弥生町区・第弐本町区と隣接しています。

曳き合わせ叩き合い
  • 時間:午後7時~午後10時
  • 場所:国道17号~お祭広場

山車・屋台終結
市街地各方面から、山車・屋台が小さな叩き合いを繰り返しながら、市役所通りと国道17号が交差する中家堂前を目指します。中家堂前に山車・屋台が集結し、叩き合いが始まります。叩き合いが終わると、山車・屋台はお祭広場への進入を開始。うちわ祭はクライマックスを迎えます。

お祭広場
お祭広場への進入が完了した山車・屋台は、年番組頭の拍子木によって、お囃子を中断します。それまでのお囃子の音が止まり、お祭広場は、一瞬にして静まり返ります。

行  事
静粛な雰囲気の中、熊谷木遣保存会による、奉納木遣と纏振りの披露が行われます。  続いて、年番町から次年度年番町へ、年番札・年番提灯と共に、年番の大役を受け渡す、年番送りが執り行われます。年番町関係者と次年度年番町関係者がステージに登壇します。次年度大総代は年番札を受け取ると、ステージを一周し、最後にステージ中央で見栄をきります。
続いて、大総代による締めが行われます。熊谷締めは、ゆっくりと、手拍子3回を3回繰り返します。三々九度のめでたい締めになります。ご来場の皆様も、是非ご参加ください。

お囃子の再開
一通りの行事が終了すると、お囃子が再開されます。大総代の指示の下、年番町よりお囃子が再開し、各町大総代の指示に従い、お囃子を再開します。この時、全ての町内が同じリズムで地囃子を競演。お祭広場は、大きな地囃子の渦と化します。

解  散
大総代から、解散の指示が出ますと、年番町以外の山車・屋台はお祭広場を後にし、各町内へと戻っていきます。全ての山車・屋台の解散後、年番町も町内へと戻ります。

還御祭
  • 時間:午後0時より
  • 場所:行宮~八坂神社本宮

行宮(あんぐう)に安置されている神輿を本宮へお返しします。これにて、熊谷うちわ祭全ての祭典行事が終了します。

 

祭典終了後

大山代参
  • 場所:神奈川県伊勢原市

祭典が無事に終了したことに感謝し、神奈川県伊勢原市にある、大山阿夫利神社にお参りします。

直会
  • 場所:各町内

祭典が終了すると、後日各町内で直会が行われます。直会とは、祭典が終了した後に行われる、神事に携わった人達が神酒を戴き神饌を食する行事です。その年の祭典の反省会を兼ねてもいます。また、年番町主催による全町役員が集まる直会も行われます。