保存会の活動

後継者の育成

筑波区囃子保存会は、伝統ある熊谷うちわ祭 筑波区のお囃子を絶やさぬよう、筑波区おはやし会への指導を行っています。また、定期的に(偶数月の第3日曜日)練習会を開催し、おはやし会への指導・保存会の技術向上に力を注いでいます。

おはやし会の取り纏め

おはやし会へのお囃子指導はもちろんのこと、祭典期間中・練習期間中のおはやし会の取り纏めも行っております。山車乗降時の安全確保や、おはやし会員の演奏者代等があります。

道具の整備

お囃子を演奏するための楽器等の道具は、町内に購入して頂いたものです。本番中に良い音で響かせることが出来るように、道具係を中心にメンテナンスをしています。 四季によって気温・湿度が変わりますので、それに合わせて、管理方法を変更しています。

地域教育支援

町内の小学校で行われている、総合的学習の一環として、お囃子の実演・体験を通じ、支援を行っています。

パフォーマンス

7月22日夜のお祭広場解散後、町内に山車が戻ってきてから、パフォーマンスを行っています。内容は、会員による組体操や、総代・鳶の皆様と、保存会対抗の出し物を行っています。お祭が終わってしまう寂しさを吹き飛ばすような楽しさをお約束します。皆様、どうぞご覧ください。
※内容は毎年変わりますので、お楽しみに!